R3Dワークフロー|DaVinci Resolve

REDCODERAWについて

REDCODE RAWは革新的な圧縮RAW形式であり、最小限のデータフットプリントで究極のクリエイティブな柔軟性を実現します。 R3Dは、ProRes、DPX、またはOpenEXRよりも常にファイルサイズは小さいです。ただし、このような柔軟性があると複雑さが増す可能性があるため、RAWワークフローに慣れていない場合は、これらのベストプラクティスに従うことをお勧めします。

カメラRAW設定

Logガンマ空間でRAWフッテージを操作することは、ほとんどの映画製作者が快適であり、はじめるのに理想的な環境です。柔軟性を維持しながら最も単純な作業スペースのために、REDRAWプロファイル設定を構成します。このプロジェクトに追加されたすべてのR3Dは、それに応じて開きます。これらの変更を将来のすべてのプロジェクトにも自動的に適用するように、User DefaultConfigを更新することを検討してください。必要に応じて、目的の再生パフォーマンスが達成されるまでデコード品質を下げますが、「Force Debayer to Highest Quality」がチェックされていることを確認します。

カラーマネジメント

色補正とグレーディングを開始するには、出力変換を使用してフッテージを目的の空間に取り込みます。これは、プロジェクトに基づいて複雑さを変えながら、複数の方法で実行できます。以下は、2つの簡単な推奨方法です。

標準の3DLUT

  • REDCINE-XPROの [FILE] メニューにあるIPP2LUTジェネレーターを使用して3DLUTを生成します。
  • 標準のダイナミックレンジ配信の場合は、以下で構成されているLUTを使用します。
  • LUTをDaVinciResolveにロードし、クリップまたはタイムラインノードツリーの最後のノードとして配置します。

DAVINCIプロジェクト設定|Color Management

以下に示すように、プロジェクト設定>カラーマネジメントを構成します。このモードでクリップのノードツリーで行われるすべての調整は、最終的な出力変換の背後にある完全なログイメージを操作します。

(表示されているすべての機能には、BlackmagicDesignのDaVinciResolve16.2以降が必要です)