KOMODOスタート/ストップ

フォローフォーカスハンドコントローラーなどのサードパーティ製デバイスを使用して、KOMODOの開始/停止をリモートでトリガーする主な方法は2つあります。

方法1:コンタクトクロージャー

KOMODOは、拡張ポートを介した実行/停止に接点閉鎖/瞬間接地方式を使用します。以前のREDカメラはシュミット方式のトリガーを使用できたため、以前のREDカメラ用に設計されたケーブルはKOMODOと互換性がないように構築されている可能性があることに注意してください。多くのサードパーティケーブルとブレイクアウトボックスが拡張ポートに接続され、BNCまたは3 PINフィッシャーレセプタクルなど、何らかの形で専用のラン/ストップコネクタを提供します。これにより、すぐに利用できるケーブルを使用してKOMODOをトリガーできます。 KOMODO操作ガイドに記載されているピン配列情報を使用して、任意のデバイスへの直接ケーブルを構築することもできます。

方法2:RCP2

KOMODO拡張ポートは、DSMC2モジュールにある4ピンCTRLコネクタにブレークアウトする機能も備えています。多くのKOMODOブレイクアウトボックスはこの4ピンCTRLコネクタを備えていますが、KOMODOはDSMC2にあるREDコマンドプロトコルの更新バージョンを使用し、DSMC2を制御したデバイスはRCP2を介してKOMODOも制御するために更新する必要があります。したがって、サードパーティの製造元がシステムを更新するまで、デバイスはRS-232CTRLケーブルを介して機能しません。